<Before After

安全性について

体重を測ります

美容外科でダイエットを行うということは手術を行うということでもあります。そのために短期間でダイエットを行うことができるのです。美容外科で行うダイエットの一例として脂肪吸引を挙げますが、この手術は昔は体への負担が大きいものだと言われてきました。実際に手術後に体に腫れが出来たりすることもあり、痛みを伴うケースが少ないとは言い切れない状況でした。しかし最近では事前に脂肪の中にチューメセント液と呼ばれる、脂肪を柔らかくし、血管に傷がつかないようにするための技術が出てきました。この技術のおかげで脂肪吸引の手術で発生する痛みや腫れを抑えることが可能となりました。段々と美容外科の技術も発達し、このような手術ももっと手軽に行いやすくなっていったのです。

美容外科でダイエットを行う際には必ず注意しなければならないことがあります。それはクリニック選びです。美容外科で手術を行う際にもし失敗してしまうと、綺麗に脂肪が吸引されずにお腹がボコボコの状態になってしまったり、腫れが酷くなってしまう場合が存在します。このような事を防ぐためにも信頼できる医師を探す必要が出てくるのです。また体内の脂肪によっては治療器具との相性が変化していきます。この治療器具が自分の体に合わない場合にはなかなか手術の効果が出てこない場合や、最悪の場合手術が上手くいかないことがあります。そのためにしっかりと医師と相談し、自分がどの箇所をどのぐらい痩せたいのかを伝え、そしてアドバイスを貰う必要が出てくるのです。

美容外科で処方されるダイエットのための薬には、食欲を抑制するものや、脂肪を蓄積しにくくするものなどがあります。これらを服用すれば、体脂肪がつきにくくなります。 また、美容外科では肥満遺伝子の検査もおこなわれています。これにより肥満の原因が明確になれば、それを避けることで、より効果的にダイエットをすることができるようになるのです。 薬は1錠あたり約200円で、1日1錠服用するとして、2週間分ほど処方されることが多いです。そのためトータルで3千円ほどかかります。 遺伝子検査にかかる費用は、肥満遺伝子について調べるだけなら2〜3万円ほどです。高血圧体質や動脈硬化体質など、肥満に関わる別の遺伝子についても調べる場合には、検査項目が増えるほど料金が高くなる傾向があります。

美容外科では、他にも体を細くするための様々な痩身治療がおこなわれています。体に管を挿入して脂肪を抜き取る脂肪吸引は、20年以上も前からおこなわれている痩身治療です。 また、昨今では脂肪溶解注射もおこなわれるようになっています。脂肪細胞の細胞壁を破壊することで、脂肪を溶かして老廃物として排出させる注射です。 しかしこういった体外からのアプローチによる痩身治療をおこなっても、太りやすい生活習慣を続けていたのでは、リバウンドしてしまう可能性があります。また、脂肪がそれほど多くついていないため、脂肪吸引や脂肪溶解注射の必要はなくても、今後太ることを防ぎたいと希望している人も多くいます。そのため美容外科では、薬の処方や遺伝子検査によるダイエットのサポートもおこなうようになったわけです。 現在では、美容外科に通って、美容と医学のプロにサポートしてもらうことでダイエットに成功する人が、増えてきています。